計画性の高さが勝負を分けるアパート経営

アパート経営をする上で自分に適性があるかどうかと考えたら計画性があるかと自問自答してみましょう。長期的な投資になるのがアパート経営なので、計画的に資金を動かせるかどうかが成功の可否を分ける重要な要素なのです。

アパート経営に欠かせない資金計画

アパート経営をする上では資金計画を立てるのが必須です。基本的な仕組みとして長い不動産投資ローンを組んでアパートを購入し、アパート経営によって得られる家賃収入の一部をローンの返済に当てていくことで最終的にはアパートを自分の資産にするということは覚えておくと良いでしょう。そして、アパートが自分の資産になったら全ての家賃収入が自分の手元に入ってくることになります。20年から30年程度のローンを組むケースが多く、その間は安定して経営を続けられなければなりません。ただし、気をつける必要があるのはアパートはそれほど長い間に渡って放っておけるものではなく、維持管理のために手をかけていく必要があるということです。

アパートの老朽化と維持管理

アパートは常に風雨にさらされている状況にあり、地震などの影響も受けて老朽化が進行してしまいます。適切な修繕を行って維持管理を行っていかないとアパート経営は長期間続けるのは難しいのです。修繕を行うためには大きな費用がかかるため、計画的に修繕費を積み立てておく必要があります。家賃収入の一部はローンの返済に、そして別の一部を修繕費にすることで経営を維持していく必要があるのです。いつどのような修繕が必要になるかも専門家にインスペクションを行ってもらって確認しておくと良いでしょう。そのときにかかる費用も予め見積もっておいてもらえば、どれだけの費用を毎月修繕費として積み立てに使えば良いかがはっきりとします。

資金計画とフルローンの適用

資金計画の必要性を考えるとローンを組みたくない、あるいは小さくしたいと考えることもよくあります。しかし、アパート経営でローンを組めるのは少額の自己資金からでも投資を始められるというメリットがあるのも確かです。実質的にフルローンを適用させてアパートを購入することもできるため、ほとんど自己資金がないという人もアパート経営を始められます。計画性が十分にあって、収益性のあるアパートを見つけることができればフルローンも可能だという事実は念頭に置いておくと良いでしょう。資産形成の方法として長期的に資金を動かすのが特徴ですが、その観点をしっかりと持って取り組めば安定して収入を得やすいため、フルローンにも金融機関が応じてくれやすいのです。