空室対策が肝要なアパート経営

アパート経営をするときに欠かせないのが空室対策です。家賃収入を安定して得るためには入居者が安定して入っていなければならないからであり、基本的な考え方を学んでおくと長く収入を維持することができるでしょう。

空室対策がなぜ必要か

アパート経営をする上で空室対策が肝要なのは、基本的には入居者は年々減っていってしまうものだからです。アパートは所持していて何も手をかけなければだんだんと劣化してしまいます。老朽化が進めば見た目の魅力も低下してしまい、設備も古くなって最新の設備に比べると価値が低いと捉えられるようになってしまうのです。アパート経営をする上では常にその点を意識して改善を図り、部屋を探している人にとって魅力のある状態を維持することが必要になります。通常はアパートの購入のためにローンを組んでいるので、その返済に家賃収入を当てていることがほとんどです。その返済を滞らせてしまわないようにするのがアパート経営の成功につながります。

空室対策の基本は設備投資と修繕

空室対策をする際の基本的な考え方は設備投資と修繕の二つです。周囲にあるアパートに比べて魅力がある部屋にすれば入居希望者がやってくる可能性が高まります。アパート経営をしているときには周囲のアパートの情報を集めて、自分のアパートと魅力を比較してみる習慣を作ることが大切です。もし魅力がないと感じられたら新しい住宅設備を導入したり、内装を入れ替えたりして魅力のある部屋に作り変えましょう。また、外壁塗装などを行ってアパート自体の魅力を高めつつ、修繕を行って耐久性を高めるのも効果的な方法です。少し資金投資を行って、この二つを組み合わせることによりアパートの価値を高めることが空室対策をする上で重要になります。

最後の手段は家賃の引き下げ

アパート経営における空室対策で最後の手段になるのが家賃の引き下げです。家賃を10%下げるだけでも部屋探しをしている人にとっては魅力が大きく高まります。家賃相場にアパートの価値が合っていないということもよくあるので、定期的に家賃が適性かどうかを確認する必要があるでしょう。しかし、そのときに家賃を下げずに設備投資で価値を高めるのが良い選択になる可能性が高いのは確かです。家賃は一度引き下げをしてしまうと余程のことがなければ元に戻すことはできません。家賃収入をずっと減らしてしまうことになるため、アパート購入時に立てたローンの返済計画が変わってしまうリスクもあります。あくまで入居者がいないよりはましという考え方で行いましょう。