利回りを考えたアパート選び

アパート経営の魅力は家賃収入を得られることですが、単純に想定される家賃の高さだけを考えてアパートを選べば良いわけではありません。投資によって得られる利益を大きくするために役立つ指標として利回りを考えるのが重要です。

家賃収入の想定額と利益の関係

アパート経営による利益を考える上では家賃収入の想定額だけを考えていては失敗してしまいます。アパート経営をするときにはまず大きな資金を使ってアパートを購入して、そのアパート経営をすることで家賃収入を得るでしょう。いかに家賃収入が高いと想定されていても、購入費用が莫大になってしまうと最初の投資額を取り戻すことができず、全体としては利益がマイナスになってしまうということがよくあります。高いアパートほど部屋の数も多くて家賃相場も高く、想定される家賃収入が多くなる傾向があるのは確かです。購入価格と家賃収入が二つが互いに密接に関わり合っていることを考慮した上でアパートを選ぶことが利益につながっていきます。

価値を判断する基準になる単純利回り

アパート経営による利益を考える上で役に立つのが利回りです。利益を上げやすいものかという価値判断の基準にできる指標であり、最も簡単に計算できる単純利回りは、年間で最大の家賃収入を購入価格で割ったものになります。一年間で最大で購入価格の何%を取り戻せるかという指標であり、この値から考えると最短で何年あれば購入価格分だけ現金収入を得られるかがわかるでしょう。この値で比較することにより、購入価格に対してどれだけ利益を上げやすいアパートかが判断できます。アパート経営をする上では不動産広告を見ることがおおくなりますが、その中で最もよく見かける指標が単純利回りであり、アパート経営を始めるときにまず理解しておく必要があるでしょう。

実質利回りの考慮が不可欠

実際にアパート経営をするためのアパートを選び出すときには単純利回りはあくまで参考値にしかなりません。実質利回りを計算してみなければ本当に利益が得られるアパートかどうかを判断するのは難しいからです。単純利回りには購入の際にかかる諸費用や、経営をする際に必要になるアパートの維持費や税金などが全く考慮されていません。満室を想定しているので空室が生じることも念頭に入っていないのです。このような点も加味した上で利益を考えなければならないのがアパート経営であり、単純利回りから購入するアパートを絞り込んだら個々に実質利回りを計算してから最終決定をするのが賢明でしょう。維持費のかかるアパートは実質利回りが単純利回りよりもかなり小さくなることがあるので注意が必要です。