不動産投資でアパート経営を選ぶメリット

不動産投資による資産形成を行うことを決めたらアパート経営以外にも方法があります。数ある選択肢の中からアパート経営を選ぶメリットは何なのでしょうか。マンションや一戸建てに比べてメリットがある方法なのです。

マンション経営との比較

マンション経営はアパート経営と同様によく不動産投資の方法として注目される方法です。アパート経営はマンション経営に比べると初期投資が少なくて済むのが大きなメリットであり、大きくて丈夫なマンションを一棟買いするのに比べると購入費用は大幅に少なくなるでしょう。その分だけ部屋の数も少なく、一部屋あたりの家賃も低くなりがちですが、ある程度の部屋数に抑えておいた方が空室リスクも低くなります。部屋が多いほど全ての部屋に高い魅力を維持しなければならないために維持費もかかり、地域としての賃貸物件の需要が常に高い状態であることも見越さなければなりません。常に満室の状態を目指しやすいという点でも優れているのがアパート経営なのです。

マンションの一室購入とリスク分散

マンション経営をするときには一棟買いをする以外にも区分マンションを購入して一室から経営するという方法もあります。初期費用が抑えられる点でアパート経営よりもメリットがあるようにも見えるでしょう。しかし、アパート経営を行っておくと部屋の数があるためにリスク分散を行うことが可能です。もし空室ができてしまったときに一室分だけ収入が減ってもアパート経営なら一部の収入がなくなるだけで済みます。それに対して区分マンションを経営していると空室がなくなったら収入が0になってしまうのです。また、区分マンションでは空室対策を行うときにマンション全体についての設備投資を行うことはできません。アパート経営なら外壁塗装なども行えるため、空室対策の選択肢が広くなるのがメリットです。

一戸建てでの経営との違い

一戸建てを経営することで不動産投資をするという選択肢もありますが、リスク分散の観点ではアパート経営に軍配が上がるのは区分マンションの場合と同様でしょう。一戸建ての場合には入居者が長期的に借りてくれる可能性が高いという点ではアパート経営に比べて優れています。しかし、一戸建てでは入居者との関係を良好に保つ努力をしなければならないと入居期間が短くなってしまう場合が多いのが実情です。アパート経営であればあくまで一線を離れた経営者の立場でいることができます。入居者との人間関係を考えながら経営を行うことは必須ではなくなるため、不動産投資として資産形成のために経営を行いたいという人にとっては大きなメリットになるでしょう。